<<03  2017,04/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  05>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第5回予備軍研修会のお手伝いしてきました☆
記事UPが遅くてなんだかな~ですが(汗)
11/1(土)に、そらくんとのご縁を頂いたNPO Babyぽけっとの第5回予備軍研修会がありました。
やまうみ家も家族3人でOBとして参加してきました!

予備軍研修会は、特別養子縁組を考えてはいるけれど、まだもう少し時間が必要、制度について詳しく知りたい、夫婦の気持ちに温度差があるなど、今すぐに!とまで心が決まっていないご夫婦のための研修会です。

研修会では、
最初にNPO代表のマザーさんの説明、
それから養子縁組を取材されたテレビ放送の視聴があり、
その後、小グループに分かれ、実際に養子縁組をした養親OBファミリーへ質問して頂く時間が設けられていました。

私たちは年齢制限ギリギリだったので、こういった研修会には参加せずにすぐに申込みしましたが、やはり、「百聞は一見に如かず」だと思います。
特別養子縁組をお考えで、まだ時間がある方は、資料を取り寄せる前に研修会へ参加すると良いんじゃないかな~と思います

養親OBファミリーへ質問タイムで、やまうみ家がお話させて頂いたのは、東京都、奈良県、宮城県、岐阜県から来られたご夫婦でした。
ほぼ雑談みたいな感じになってしまいましたが・・・大丈夫だったかな
もしブログを見ておられて、何か質問し忘れた―ってことがありましたら、コメント欄でも横のメールフォームでも送ってくださーい。
皆さま、遠い所をお疲れさまでした!!
近い未来に、OBとして再会できると良いな~なんて思ってます

こういった会には初めての参加で、またもや途中まで写真撮り忘れてました
初めて北陸ブロック全員が揃ったのに、集合写真も撮っておらず・・・
全員が帰ってからその事に気付き、次回集合の際は必ず集合写真を!!と言い合う、のほほ~んとした北陸ブロックなのでした

研修会の様子は、らぴすさんのブログ↓に写真がありましたので、リンク貼らせて頂きまーす
■Victory Family ≪特別養子縁組≫「金沢でBP予備軍研修会~」


研修会の後は、お疲れさま会がありました。

IMG_3059 (640x480)



IMG_3057 (480x640)

そらくんは、お子様ランチ1人前はまだ無理なので、お父ちゃんとお母ちゃんから取り分けのご飯。


IMG_3067 (480x640)

食べた後は、オモチャを貸してもらって遊びました~。


IMG_3070 (480x640)

車を押して遊ぶようにもなりましたよ~。


IMG_3081 (480x640)

写真はストロくんとベリーちゃん
そらくんは、大きい子たちが行き交う無法地帯の廊下を、擦り抜けながらスリッパの練習してました。
よっぽど楽しかったようで、帰りの車でバタンキューかと思いきや、テンション上がって寝ず。
ねんねは23時回ってました






スポンサーサイト
「テレビ未来遺産 こうのとりのゆりかご」を観て
25日に放送された、こうのとりのゆりかごのドラマ。
仕事で観られなかったやまにーと一緒に、昨日もう一度ゆっくりと観ました。
さすが、ドラマだけあって分かりやすかったです。
薬師丸ひろ子さんのほんわか感が全体に漂う、優しいドラマになっていましたね
きっと現実にはもっと複雑でもっと大変なこと(人の感情の絡みや実母さんの環境や法律などなど)があるんだろうなあと想像しながら観ました。

私も、今でこそ養親としての立場になり、Babyぽけっとの活動を通して実母さんの実状を知り、産んだ子を誰かに託さざるをえない辛い気持ちを少しは察することが出来るようになりましたが、養親になる前、特に若いころはそこまで思いが及んでいませんでした。

中学生や高校生で子供が出来て困っている話を聞いても、なぜもっと気を付けなかったのか、親ももっと真剣に子供に教えておかないから・・・と世間一般に言われる考えしかなかったです。
私自身は母が若いころに辛い目にあった経験があったため、中学生くらいからかなりきつく注意されていて、注意し過ぎて潔癖っぽくなってしまい、結婚してからも子作りの時期を逃してしまったというか、別の弊害があったくらいなので

でも、実際に望まぬ妊娠をしてしまった実母さんに、なぜもっと気を付けなかったのかという言葉は、実母さんの現状を打開するのに無意味なんですよね。
誰にも相談できない、相談しても解決策が見つからないという人たちにとって、こうのとりのゆりかごやBabyぽけっとのような民間団体はなくてはならないものだと改めて思いました。
そして、こういった相談窓口があるということ、それを利用することは悪いこと、恥ずかしいことではないということを、もっと世間に知らされて行けば良いなって思いました。

私たちがお世話になったBabyぽけっとの代表、マザーさんのブログ(井戸端日記)を読んで、悲しくて悔しくて、胸が痛みました。
養子に出されるはずだった赤ちゃんがキャンセルで実母さんに育てられることになり、その後、実母さんと同居していた未成年に暴行を受け虐待死してしまったという事件です。
助かるはずだった命、幸せになれたかもしれない命でした。

養子縁組をキャンセルし、実母さんが育てることはとても良いことだと思います。
だけどキャンセルする時は、この子はどんなことがあっても自分が守るという覚悟をもって、感情に流されず、真剣に考えてからキャンセルして欲しいです・・・。
そしてもし万が一、やっぱり育てられない状況になった時は、誰にでもいいから相談してほしいです。

子供のためを思い、子供を誰かに託すことは、決して無責任なことではなく、親として責任のある行動だと思います。
捨てたり逃げたりするのではない、勇気のいる行動だと思うのです。
問題を放置して逃げてしまえば、今回のような悲しい事件を招いてしまいかねません。

事件の実母さんは自分の置かれている状況を把握できてなくて、実母さんの親もちゃんと実母さんのことを見ていなかったのかもしれません。
とても残念でなりません。
関係者の方たちやマザーさんの無念さは想像を絶するものでしょう・・・。
悲しいです。

悩んでいる人たち、苦しんでいる人たちが相談できる場所がもっと増えますように。
この先、こんな事件がなくなることを願っています。



TBSテレビ「平成25年度文化庁芸術祭参加 テレビ未来遺産 ドラマ特別企画『こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~』」公式サイト
【テレビ未来遺産 ドラマ特別企画 こうのとりのゆりかご~「赤ちゃんポスト」の6年間と救われた92の命の未来~】

プロフィール

うみねー

Author:うみねー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。