<<05  2017,06/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年のシンポジウム
今年もBabyぽけっとの一大行事である、真実告知のシンポジウムに参加することができました!



_DSC2696 (640x427)

我が家は当日移動。
朝7時過ぎの出発でしたが、そらてんちゃんたち、ご機嫌が悪くなることもなくウキウキの出発です。

移動時間は4時間ちょっと、乗り換えは2回あります。
去年は長距離移動にドキドキだったけど、今年はもう慣れたものです。

車内では・・・

_DSC2698 (640x427)

おむすびの朝食をとったり・・・



_DSC2701 (640x427)

お絵描きしたり・・・



_DSC2707 (640x427)

くつろいだり・・・



_DSC2711 (640x427)

窓の外を眺めたりしながら、二人ともご機嫌さんのまま到着しました。

シンポジウムでは、先輩OBの方が告知体験談を発表されたり、基調講演があったのですが・・・。
キッズルームで、やまにーにそらてんちゃんの子守をお願いして聴きに行ったものの、気になって様子を見に行くと、そらくんが私を探しに部屋を出てしまいプチ迷子になって号泣してたりで、やはり最初から最後まで聴くことは難しかったです

そらくんへの告知も始まっており、養親の方々の体験談はもちろん、大きくなった養子本人の方々の気持ちなど、できるだけ多くの情報が欲しいと思っているので、今年もDVDが送られてくるのを待つことにします。


そして!!!
シンポジウムの後の懇親会では、そらくんついに、産みママNちゃんと再会することができました



_DSC2729ss.jpg

お昼寝がちょっと足らなかったか、それとも恥ずかしいのか??
最初は抱っこされても少し緊張気味だったそらくん。



DSC_0079ss (467x640)

だけど、懇親会で一緒にご飯を食べて、遊んでもらって、抱っこしてもらってするうちに、すっかり打ち解けて、ほんとに楽しそうに笑っていました

そらくん、朝からすごーくテンション高く遊んでいたので、『Nちゃんと会うときに、疲れ切ってしまって笑顔見てもらえなかったらどうしよう~』とちょっと心配していましたが、心配することなかったみたいです



_DSC2735 (640x427)

懇親会で、お得意のサンサンたいそうを歌うそらくんと、大好きなダンスでステージデビューを果たしたてんちゃん
楽しい時間はあっという間に過ぎて、気付けば懇親会終了の21時になっていました。

もっともっとお話ししたかった~とか、しまった!!全員一緒に写真を撮ればよかった~とか、汗だくで化粧が全く残ってなくてすごい恥ずかしかった・・・とか、いっぱいいっぱい反省もあるけど、とにかく本当に一番に思うのは、そらくんと再会してもらえて良かったということです。
そらくんにとって、3才で再会できたのはベストだったんじゃないかと思います

そらくんを生んでくれて、遠くまで会いに来てくれて本当にありがとうと感謝の気持ちしかありません。。。
楽しそうなそらくんの笑顔を見て、とっても嬉しくて胸がじーんと熱くなりました。

私たちも、産みママさんと産みママさんのお母さんにお会いしてお話できたことで、何を、というのは一言では説明できないけれど、なんだかすごく安心しました。

親ばかかも知れないけれど、そらくんの話し方はとっても優しくて、そんでもってまだ3才のくせにどことなく懐が大きい感じがするのだけど、産みママさんと産みママさんのお母さんにお会いして、「ああそっかー、やっぱりルーツがそうかー」って思いました。
似てる~!!って思いました
これから、そらくんも難しくなる時期もあると思うけれど、なんか大丈夫な気がしています

今回、そらくんの再会の様子を見ていて、できればてんちゃんも産みママさんと会えると良いなぁとあらためて思いました。

てんちゃんはお兄ちゃんを見て育っていることもあって、そらくんが同じ月齢だった頃より更にしっかりしているように思います。
お話も上手になりそうな予感がするので、しっかりと言葉で産みママさんや私たちからの愛情を伝えて丁寧な告知をしつつ、様子を見ながら時期が来たら再会の希望を会のほうへ出していきたいと思います。

そらくん、懇親会翌日、朝ホテルを出る時に、「ここ、楽しかった」って言ってました
とっても良い思い出になったみたいです
シンポジウムは毎年大盛況ですが、個人的には今年のシンポジウムは大成功!!!でした!

シンポジウムの運営に関わってくださった皆さま、本当にありがとうございます。
そらくんとてんちゃんとの不思議で幸せなご縁に深く感謝しています。







スポンサーサイト
告知について思うこと。
1歳も過ぎ、そらくんは日々いろんなことに気が付き、出来るようになってきました。
イコール、告知のタイミング(そらくんが告知の本当の意味を知る日)も少しずつ近づいてきているということ。
我が家はそらくんがまだ言葉を話せない今の段階から、少しずつ告知を進めています。

特別養子縁組を決心し、真実告知について周りに話した時、
両家両親や親戚、ご近所の方は殆どが口を揃えて「言わない方がいい」と言いました。
私は言うのが当たり前だと思っていたのですが。
両親もご近所さんたちも高齢の人が多いせいか、「言う派」は社会的少数派のようです。

素朴な疑問で「何で言わない方が良いの?」と訊くと、
「言わない方が良い派」の答えはほぼ100%、「そらくんが可哀想だから」でした。
えーーーっ!
言わない方が可哀想だと思ってた!!

だってだって、私がもしも養子で、後で他から真実を知ったらとてもショックだと思うよ。
親に対して何で言ってくれなかったのかと思うだろうし、
言ってくれなかったということはこちらからも言いにくいし色々訊きたいことがあっても訊けないし。
特に思春期に知ろうものならどれほど悩んで苦しむだろうかと想像してしまいます。

私は養子ではないので、養子の気持ちは本当にはわかることはないんだろうけど・・・
でも、親のことが大好きで信頼していればいるほど、親の口から真実を聞きたいと思う。
本当はそんなこと聞きたくないけど、でも聞くならば親の口から、、と思うと思う。

そういったことを「言わない方が良い派」に言うと、皆、「それもそうかも・・・」と(笑)
結局はやはりその子の親が決めること、告知すると決めたならそれを応援するよと、
有難いお言葉を頂きました。

私は小さい頃、お母さん大好きっ子だったので、
お母さんの子じゃないと言われること、お母さんがいなくなることを、
この世で一番といっても過言でないくらい恐れていました。

だから、そらくんがこれから越えなければならない大きな壁のことを考えると、とても怖い。
そらくんは色々と気にしぃな私と違って、大らかで器が大きいような気がしていますが(←親バカ)、
それでもそらくんが、特に小さなうちは、私から産まれたかどうかはとても重要なことだろうと思います。
私の口から、私から産まれていないと聞くのは、突き放されたような孤独を感じてしまうかもしれないし、
とてもつらくて嫌なことかもしれない。。

そんなそらくんのその気持ちをちゃんと受け止めながら、
産んではいないけど、私もやまにーもそらくんのことが一番大事なこと、
育てられなかったけど、産みのお母さんがいつもそらくんを気にしていることを伝えたい。
そらくんがたくさんの人に愛されていること、それから決して一人ではないということ、
そこがすごーく大切なんだよー、ということをしっかり伝えられたら良いなあと思います。

養子だとかそんな小さいことに拘らず、
この世界でおそらくもっとも平和で恵まれた日本に生まれたこと、
産みのお母さんから健康な体をプレゼントしてもらったこと、
衣食住にとりあえずは困らないこと、
その気になれば自由に広い世界に出ていけるというラッキーに感謝して、
楽しい毎日を送って欲しいです。

宝くじ当たらなくてよいから、どうか告知が上手く行きますように(≧人≦)
心から願っています。


DSC02749 (640x480)

そら「んー?こくちー? 良く分かんないけど、バナナはこくうま~




*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

上記の考えは、私個人の考えです~。
養親の数だけ家庭の事情や告知に対する考え方があると思います。
読んでて違和感を感じる方もおられるかもしれませんが、これも一つの考え方だと思って頂ければ。

特別養子縁組を選択するにあたって、告知は最重要課題だと考えています。
裁判が終われば戸籍上は長男、長女と実子と同じ記載にはなりますが、
全部事項には出生時のことや戸籍の変更のことなどが載っています。
隠し通すことは不可能です。

お世話になっているNPO Babyぽけっとの養親OBさんでブログをお持ちの方の告知に対する記事を、
主さんの了解を得てリンクさせて頂きましたので、よろしければこちらもご覧ください。

Let's Go! Forward!「adoption」
T.FAMの作り方「養子縁組のお話」


プロフィール

うみねー

Author:うみねー
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。